アスパラガスの花

アスパラガスの花/あすぱらがすのはな
晩夏
アスパラガスはユリ科の多年草。原産地のヨーロッパでは紀元前から栽培。多肉質の若い茎を食用にする。成長すると茎は一メートル以上になり、葉を松葉のように分岐させる。七月から八月にかけて釣鐘形のクリーム色の花を咲かせる。

コメントは受け付けていません。