鬼走

おにばしり
晩冬

滋賀県湖南市の長寿寺と常楽寺で一月中旬に行われる伝統行事。住職の読経が響くなか、本堂内を赤鬼と青鬼に扮した数え年十五の男子が槍や太刀を持って走り回り、悪霊追放や家内安全などを祈願する。奈良時代に始まったといわれ、古くは大人社会の仲間入りの儀式であった。

コメントは受け付けていません。