振振

ぶりぶり
新年
振振毬打/玉振振

鶴と亀、尉と姥などめでたい図を描いた槌で玉を打つ正月の子供の遊び。江戸以降は飾り物・贈り物となった。毬打とは別のもの。

ぶりぶりやふたつの玉に後の禄
都雀「題葉集」

ぶりぶりやあるは漆乳の枕にも
重厚「発句題叢」

ぶりぶりや箔古りたれど家の物
松瀬青々「鳥の巣」

ぶりぶりや剥げ残る絵の尉と姥
高田蝶衣「青垣山」

コメントは受け付けていません。