宝引

ほうびき
新年
宝引(たからびき)/宝引縄/辻宝引/飴宝引/胴ふぐり/宝引銭

福引の一種。元来は、襖や障子越に長い糸を引くとその端に結びついた賞品(織物など)の当たる屋内の遊び。金を払って引く辻宝引、子供向けの飴宝引も生まれた。

宝引や後家に馴れよる思の綱
言水「板東太郎」

宝引に蝸牛の角をたたくなり
其角「五元集」

宝引の味方にまゐるおとなかな
召波「春泥発句集」

宝引の宵は過ぎつつあはぬ恋
几董「井華集」

ほう引きや炬燵にすねる妹ひとり
蓼太「蓼太句集二編」

コメントは受け付けていません。