桜麻

さくらあさ
晩夏
雄麻/雄木

七月から八月ころの麻をいう。名の由来は、桜が咲くころ種を蒔くからとも、花の一部が桜の色に似るからともいわれる。

コメントは受け付けていません。