仕舞始

しまいはじめ/しまひはじめ
新年
舞初

古くは宮中の舞楽を司る家で、正月に舞初の式を行うことをいった。現在では、宮内庁で一月十五日に行う舞楽をはじめとし、能の仕舞や舞踊全般における、年頭初めての舞いをさすようになった。

舞初やひるがへす袖の鶴に似て
黄山「新類題発句集」

コメントは受け付けていません。