初春狂言

はつはるきょうげん/はつはるきやうげん
新年初曽我

江戸時代、正月歌舞伎で演じられる狂言を、江戸では「初春狂言」「春芝居」と呼び、京坂では十一月の顔見世の後、二度目の興行であることから「二の替り」と呼んだ。江戸では「曽我物」、京坂では「傾城物」の上演が慣例であり、華やかな演出が施された。

初曾我や灯にひるがへる蝶千鳥
吉田冬葉「閑古鳥」

コメントは受け付けていません。