真言院の御修法

真言院の御修法/しんごんいんのみしほ/しんごんゐんのみしほ
新年
後七日の御修法/御修法/宿直人
御斎会と同様に、正月八日から十四日までの七日間、宮中の真言院で鎮護国家、五穀豊穣を祈願する真言密教の修法。空海上奏により始まったとされ、「公事根源」には「これも今日より七日行はる。今年金剛界なれば、明年は胎蔵界、年々にかはるがはる修せらる」などとある。
あなたふと豊としの相をみしほかな
季吟「桜川」
子を抱きて御階を上る御修法かな
大祇「大祇句選」

コメントは受け付けていません。