御斎会内論議

御斎会内論議/ごさいえのうちろんぎ/ごさいゑのうちろんぎ
新年
十四日に御斎会が結願したあと、天皇の御前で僧たちに「金光明最勝王経」を論議させること。問者、講者の番役を設け、一番に二題、あわせて五番十題の論議が行われた。

コメントは受け付けていません。