からむし
三夏
苧麻/真苧/白苧/草真苧/ラミー
【解説】
ラクサ科カラムシ属の多年草。本州から四国・九州の山野に自生する。昔は繊維を採るために栽培したが現在では野生化している。草丈は一・五メートルくらい。七月から九月ごろにかけて、淡緑色の目立たない花穂をつける。茎(から)を蒸し(むし)て皮をはいだことからこの名がある。
【科学的見解】
イラクサ科の苧(カラムシ)は、近縁植物が複数存在する。一般的に野山でよく見るものは、カラムシである場合が多いが、その他に葉の裏の白い綿毛がほとんど見られないアオカラムシや、逆に葉や葉柄に粗い綿毛が密生して生えるナンバンカラムシなどが存在する。また、そのナンバンカラムシが大型化した種としてラミーという植物が存在する。それらの繊維(苧麻)を活用して生み出された布は、上布(越後上布、宮古上布、八重山上布など)と言われ、現在でも一部の地域で生産されている。(藤吉正明記)

コメントは受け付けていません。