朝鮮朝顔

tyousennasagaoちょうせんあさがお/てうせんあさがほ
晩夏
曼荼羅華/喇叭花/狂茄子/ダチュラ/闘陽花
【解説】
ナス科チョウセンアサガオ属の一年草。原産地は熱帯アジア。草丈は一メートルほどになる。卵型の葉を持ち、夏に十~十五センチほどの漏斗状の白い花を咲かせる。草全体に毒があり、華岡青洲が手術に使った全身麻酔薬には、この朝鮮朝顔の葉が使われていたという。
【科学的見解】
朝鮮朝顔(チョウセンアサガオ)は、薬用及び観賞用として栽培されているが、その一部が逸出し、稀に野生化している。近縁種としては、果実に細長い角があるツノミチョウセンアサガオや植物体全面に毛を密生させるケチョウセンアサガオなどが存在する。(藤吉正明記)

コメントは受け付けていません。