すべりひゆ

三夏
馬歯草/五行草

スベリヒユ科スベリヒユ属の多肉質の一年草。日本全国の畑や野原、道端に自生する。茎は地を這う。七月から九月ころにかけて黄色い小さな五弁花をつける。昔は茹でて食べたという記録もある。

釣るされて一期しまひぬすべりひゆ
一茶「七番日記」

コメントは受け付けていません。