宝鐸草の花

ほうちゃくそうのはな/はうちやくさうのはな
初夏
宝鐸の花/宝鐸草/狐の提灯

ユリ科チゴユリ属の多年草。日本全国の山地や丘陵に自生する。草丈は三十センチから六十センチくらいで上部で枝分かれする。五月ころ枝先に白い花が一個から三個垂れ下がる。花の形が寺院の宝鐸に似ていることからこの名がある。

コメントは受け付けていません。