駒繋

こまつなぎ
晩夏
こまとどめ/こまとめはぎ/うまつなぎ/金剛草

マメ科コマツナギ属の小低木。本州、四国、九州の野原や土手など日当たりのよいところに自生する。高さは六十センチから九十センチくらい。葉は四五枚の小葉を持つ葉状複葉で互生する。七月から八月にかけて、葉腋から総状花序を出し、紅紫色の蝶形花をつける。馬をつなげるほど茎が丈夫であることからこの名がある。

コメントは受け付けていません。