蛍草

ほたるそう/ほたるさう
晩夏
蛍柴胡(ほたるさいこ)
【解説】
セリ科ミシマサイコ属の多年草。日本各地の日当たりのよい山地などに自生する。草丈は一メートル以上にもなり、茎の上部で枝分かれする。八月ころ茎の先端に複散形の花序を伸ばし、黄色い粒状の小さな花をつける
【科学的見解】
蛍草の標準和名は、ホタルサイコである。ホタルサイコは、本州から九州の山地に自生する多年草である。近縁種としては、ミシマサイコやハクサンサイコ、レブンサイコが挙げられる。ハクサンサイコやレブンサイコは、分布が局所的であるが、ミシマサイコはホタルサイコ同様に本州から九州まで広く分布している。(藤吉正明記)

コメントは受け付けていません。