甘野老の花

あまどころのはな
仲夏
笑(えみ)草

ユリ科アマドコロ属の多年草。日本各地の山野に自生する。草丈は三十センチから八十センチくらい。十センチほどの長楕円形の葉は互生する。五月ころ葉腋から一本ないし二本の花柄を出し、緑白色の花をたらす。地下茎がトコロに似て甘味があるのでこの名がある。

コメントは受け付けていません。