蒼朮の花

おけらのはな/をけらのはな
晩夏
うけら/朮/蒼朮(そうじゅつ)

キク科オケラ属の多年草。本州、四国、九州の日当たりのよいところに自生する。葉はかたく縁が鋸歯状。晩夏、枝先に白または淡紅色の頭花をつける。花の周囲を苞葉が取り囲む。

コメントは受け付けていません。