千鳥草

ちどりそう/ちどりさう
晩夏
手形千鳥

ラン科テガタチドリ属の多年草。本州の中部地方以北及び北海道の高山の草原などに自生する。草丈は三十センチから六十センチくらい。広線形の葉は互生する。七月から八月にかけて茎の頂点に穂状花序を出し、ピンク色の花を多数咲かせる。花を千鳥の飛ぶ様に見立ててこの名がある。

コメントは受け付けていません。