虫取菫

むしとりすみれ
晩夏

タヌキモ科ムシトリスミレ属の多年草。北海道、本州、四国の高山の湿った岩場などに自生する。草丈は五センチから十五センチくらい。食虫植物で葉に止った虫を消化してしまう。七月から八月にかけて根元の葉から花茎を伸ばし、菫に似た淡紅紫色の花を一つつける。

コメントは受け付けていません。