衝羽根草の花

つくばねそうのはな/つくばねさうのはな
初夏

ユリ科ツクバネソウ属の多年草。日本各地の深山の林などに自生草丈は二十センチから四十センチくらい。茎の中ほどで先のとがった長楕円形の葉が四枚輪生する。五月から六月にかけて茎の先から花茎を伸ばし黄緑色の花を一つ咲かせる。葉が羽根つきの羽根に似ているのでこの名がある。

コメントは受け付けていません。