突羽根の花

突羽根の花/つくばねのはな
初夏胡鬼子の花/はごのき
ビャクダン科ツクバネ属の落葉低木。本州、四国、九州の山野などに自生する。ツガ、モミなどに半寄生し高さは一メートルから二メートルくらい。雌雄異株。五月から六月にかけて花をつける。雄花は、緑色で直径四ミリくらいの散房状。雌花は子房の先端に細長い葉状の苞が四枚ある。

コメントは受け付けていません。