多喜二忌

多喜二忌/たきじき
初春
作家小林多喜二の忌日。二月二十日。一九〇三年、秋田県の農家に生まれる。「蟹工船」の発表で、プロレタリア文学を代表する作家となる。戦時下、非合法活動で逮捕され、特高警察の拷問により殺された。昭和八年没、二十九歳。

コメントは受け付けていません。