赤彦忌

赤彦忌/あかひこき
仲春
明治・大正時代のアララギ派歌人島木赤彦の忌日。三月二十七日。明治九年、現在の長野県諏訪市に生まれる。正岡子規の短歌に影響を受け、伊藤左千夫に師事する。写生を尊重した作風で、大正四年、短歌雑誌「アララギ」の編集兼発行人となる。大正十五年没、四十九歳。

コメントは受け付けていません。