荷風忌

荷風忌/かふうき
晩春
小説家永井荷風の忌日。四月三十日。明治十二年東京に生まれる。本名は永井壮吉。慶応大学の教授を勤めながら「三田文学」を主宰し作品を発表する。西洋至上主義的風潮に反発し、江戸の町を舞台にした作品を好んで描いた。代表作品に「あめりか物語」「ふらんす物語」「すみだ川」「腕くらべ」「墨東綺譚」など。昭和三十四年没、七十九歳。

コメントは受け付けていません。