初庚申

初庚申/はつこうしん/はつかうしん
新年
帝釈天詣/庚申待/初帝釈
正月初めの庚申(かのえさる)の日の縁日。各地の帝釈天や庚申堂にお参りする。東京・葛飾区柴又の帝釈天参りが特に有名。前夜は「宵庚申」と呼ばれ、参道に市が立ち賑わう。参詣者には厄除けに芥子粒のような赤い玉を包んだ「一粒御符」が売られる。
梅が
蓼太「三傑集」

コメントは受け付けていません。