八目鰻

八目鰻/やつめうなぎ
晩冬
八目/寒八目/砂八目/川八目
ヤツメウナギ科に属する最も原始的な脊椎動物の一つである。体長は五十センチくらい。体の両側にそれぞれ七個の鰓孔があり、それに目を加えて「八目」といわれる。冬場の漁が一般的である。蒲焼にしたり、野菜と一緒に煮込んだりして食す。

コメントは受け付けていません。