年取

としとり

年取る

新年を迎えるために除夜を過ごすこと。この夜に歳神様を迎え、家族全員そろって一年の無事を祝った。昔は、元日よりも年取が大切な行事で、元日の雑煮は年取りの夜のあまりものの「雑」を煮たものであった。

年ひとつ老いゆく宵の化粧(けはひ)かな
几董「井華集」

恥かしやまかり出てとる江戸のとし
一茶「おらが春」

白をもて一つ年とる浮鷗
森澄雄 「浮鷗」

コメントは受け付けていません。