粥施行

かゆせぎょう/かゆせぎやう
晩冬
粥やらう

江戸時代の飢饉のおりの施しである。多くの飢え死に者がでた天保の大飢饉では、江戸市中に多くのお救い小屋を設置し粥をふるまったという。

コメントは受け付けていません。