皮羽織

かわばおり/かはばおり
三冬
革羽織

鹿や牛、馬などの皮をなめして作った羽織。防寒のほか、江戸時代の火事装束、戦場での軍羽織にも用いられた。

老骨をばさと包むや革羽織
芥川龍之介「我鬼句抄補遺」

コメントは受け付けていません。