綿帽子

わたぼうし
三冬
被綿

江戸時代の防寒用の帽子である。最初は老女だけのものであったが、後には若い女もかぶったという。江戸末期に廃れたが、現在では、花嫁のかぶる綿帽子としてその名残をとどめている。

コメントは受け付けていません。