南五味子

sanekazuraさねかずら/さねかづら
晩秋
真葛/さなかづら/美男葛/とろろかづら/ふのりかづら

サネカズラ、ビナンカズラの名は樹皮から粘液をとって整髪料としたため。関東以西の山地に自生する蔓性の木本。八月ころ白い小さな花をつけるがあまり目立たない。雌雄異株で秋に美しい赤い実をつける。この実を乾燥させて漢方薬として使う。

コメントは受け付けていません。