鵯上戸

hiyodorijougoひよどりじょうご/ひよどりじやうご
晩秋
白英/鬼目(ほろし)/蔓珊瑚
【解説】
日本全国の山野に自生するナス科の蔓性多年草。鵯がこの実を好んで食べることから名づけられたが有毒。八月頃五裂の花びらが反り返った白く小さい花をつける。互生した葉や、茎には柔らかい毛が密生する。
【科学的見解】
鵯上戸(ヒヨドリジョウゴ)は、北海道から沖縄の野原や人里付近に自生する多年草である。葉柄で他の植物に寄りかかりながら広がっていく。一般的にヒヨドリジョウゴの実は紅色であるが、稀に黄色の実を付けるものがあり、それはキミノヒヨドリジョウゴと呼ばれている。(藤吉正明記)

はや色に出づるひよどり上戸かな
秀暁「新類題発句集」

赤い実がひよを上戸にしたりけり
一茶「九番日記」

コメントは受け付けていません。