施覆花

おぐるま/をぐるま
初秋
小車

キク科の多年草で、田の畔や川岸など日当たりの良い湿地を好む。高さは六十センチくらいで葉は互生する。茎は上部で分枝し、その先に菊に似た黄色い花を七、八月頃一個ずつ付ける。花を牛車の車輪に見立てこの名がある。施覆花は漢方の生薬の呼び名で、利尿胃健の働きがある。

小車は不便なる花のかづらかな
才麿「椎の葉」

コメントは受け付けていません。