小鮒草

こぶなぐさ
仲秋
八丈刈安
【解説】
全国の田や畔、野原などに広く分布する、イネ科の一年草。高さは二十センチから五十センチくらい。葉は笹に似て、基部は茎を巻く。九月から十一月ころ茎の先端に紫褐色の穂状の花をつける。八丈島では刈安とよび、黄八丈の染料にする。
【科学的見解】
小鮒草(コブナグサ)は、野原や水田付近でふつうに見られる一年草である。茎は直立せず、匍匐して成長していく。和名は、葉の形を小さい鮒に見立てたものである。(藤吉正明記)

コメントは受け付けていません。