麝香草

jakousouじゃこうそう/じやかうさう
初秋
鈴子香
【解説】
シソ科の多年草。山地の湿ったところや、沢沿いなどに自生。高さ二十から三十センチほどで葉、茎に細毛がある。花期は八、九月頃。花は淡い紅紫もしくは白色で唇形をしてをり、香気がある。茎や葉にも香りがあり、乾燥させたものは、薬用にまた香辛料にもちいる。
【科学的見解】
麝香草(ジャコウソウ)は、北海道から九州の山地の谷間に生育する多年草である。近縁種としては、タニジャコウソウが存在し、ジャコウソウの花柄が短いのに対して、タニジャコウソウは三から四センチメートルと著しく長い。(藤吉正明記)

コメントは受け付けていません。