富士薊

富士薊/ふじあざみ
初秋
富士牛蒡/須走牛蒡/薊牛蒡
【解説】
キク科の多年草。日本のアザミの中で最も大きく、富士山周辺に多い。長さ七十センチ近くの羽状の大きな葉には棘があり、根もとにあつまる。八月から十月にかけ、六センチから十センチの紅紫色の花をつける。
【科学的見解】
富士薊(フジアザミ)は、関東及び中部地方に分布する、大型のアザミ類である。花(頭花)は、下向きに咲くのが特徴である。根系は、ゴボウと同じ仲間であるため、直根性の太い根を形成し、食用となる。(藤吉正明記)

コメントは受け付けていません。