狐の剃

kitunenokamisori狐の剃/きつねのかみそり
初秋
日本各地の山地に自生するヒガンバナ科の多年草。春先、水仙に似た葉を出すが夏になると葉は枯れる。花期は八、九月ころで百合に似たオレンジ色の花は目立つ。名の由来は、花の色と狐の毛の色とが似ているため、葉がカミソリに似ているためなど諸説ある。有毒植物。

コメントは受け付けていません。