鍾馗蘭

鍾馗蘭/しょうきらん
仲秋
鍾馗水仙
全国の深山の樹林下、笹原などの柔らかい土を好むラン科の多年草。名の由来は花の形を烏帽子をかぶった鍾馗の姿に見立てたもの。花茎の鱗片状の葉はほとんど目立たない。七月頃淡紅色の美しい花をつけるが、緑葉をもたない寄生ラン。

コメントは受け付けていません。