男郎花

otokoesiおとこえし/をとこへし
初秋
をとこめし/荼のはな(おおどちのはな)/敗醤
【解説】
オミナエシ科の多年草。女郎花に良く似るが花が白く全体にやや大きい。花期は八月から十月で全国の山野に自生。花瓶に生けておくと醤油の腐ったような匂いがしてくることから、別名は敗醤(はいしょう)という。
【科学的見解】
男郎花(オトコエシ)は、北海道から鹿児島奄美大島までの山野にふつうに自生する多年草である。種子繁殖も行うが、株元から走出枝を伸ばし、広がって繁殖する。(藤吉正明記)

コメントは受け付けていません。