釣船草

turihunesouつりふねそう/つりふねさう
仲秋
吊船草/紫釣船/法螺貝草/黄釣船/ゆびはめぐさ/野鳳仙花/山鳳仙花/河原鳳仙花
【解説】
ツリフネソウ科の一年草。全国の山地のやや湿ったところ、沢沿いの半日陰を好む。高さは五十センチから八十センチ。葉はやや細長いひし形でふちには鋸歯がある。茎は柔らかく花の名は、帆掛け舟を吊り下げたような形からきている。花期は八月から十月。赤紫色の花序は花柄の先に垂れ、長い筒状の距が後ろに突き出て渦巻き状になる。
【科学的見解】
釣船草(ツリフネソウ)は、北海道から九州の山麓の水辺に生育する一年草である。自発的な種子散布を行うことが知られており、果実に物理的な刺激が加わると弾け、種子が撒き散らされる。近縁種としては、花が黄色のキツリフネや葉の下に赤色の花を咲かせるハガクレツリフネなどが存在する。(藤吉正明記)

コメントは受け付けていません。