矢の根草

矢の根草/やのねぐさ
初秋
矢の根葛
タデ科の一年草。全国の水田やその脇、溝、畔、などに自生。葉がやじりの形に似るためこの名がある。高さは五十センチくらい。九月から十月ころ金平糖のような形の花をつける。アキノウナギツカミやミゾソバなどに良く似ている。

コメントは受け付けていません。