雄ひじは

雄ひじは/おひじは/をひじは
三秋
相撲草/相撲取草/力草/角力草/雄日芝
イネ科の多年草。日本各地の道端、荒地畑の周りなどに自生する。時にはアスファルトを割って生えることもある。和名は雄日芝、別名チカラグサ、日芝は日なたに出る芝の意味。ヒメシバにくらべ強く茎は扁平。八月から十月頃三本から六本の緑色の穂を放射状に出す。
こまたとるや萩のしたてのすまひ草
貞徳「山の井」
道ほそし相撲とり草の花の露
芭蕉「笈日記」

コメントは受け付けていません。