草牡丹

草牡丹/くさぼたん
初秋
葉の形がボタンに似ることからこの名がついた、キンポウゲ科の落葉半低木。茎は木質で高さ1メートル程に直立する。北海道から本州にかけての山地、林道脇などに分布する。八月頃茎の先や葉の脇から柄を出し、鐘形(ベル)のような花をまばらに付ける。

コメントは受け付けていません。