弟切草

弟切草/おとぎりそう/おとぎりさう
初秋
おとぎりす/薬師草/青薬/小連翹
平地や山地の道ばた、草原に自生するオトギリソウ科の多年草。七月から八月ころ枝分かれした先に、一・五センチくらいの一日限りの黄色い花をつける。広披針形の葉は対生する。利尿、虫下し、切り傷、止血、神経痛などの薬効がある。物騒な名前の由来は、兄が秘密にしていた鷹の傷薬を弟が他人にもらしたため、怒った兄が弟を切り殺してしまったという平安時代の伝説による。

コメントは受け付けていません。