錦草

錦草/にしきそう/にしきさう
初秋
地錦/乳草/いちぐさ
トウダイグサ科の一年草、本州から九州に広く分布。道端、荒地、畑などどこにでも生育する。地面を這って広がり茎は細く赤味を帯びる。コニシキソウとは葉が長楕円形で斑点をもたないことで区別される。六月から九月に、葉の脇に淡い赤紫の杯状花をつける。茎を傷付けると白色の液を出す。秋になると紅葉する。
横たわす柄杓の露や錦草
惟然「己が光」

コメントは受け付けていません。