苦参

苦参/くらら
仲秋
草槐/狐ささげ
マメ科の多年草。「眩草」(くららぐさ)は根をかむとくらくらする程苦いため。漢方では「苦参」(くじん)といい健胃薬とし、茎や葉の煎汁は殺虫剤として用いる。日当たりの良い草原や山野に自生。クサエンジュの別名がある。六、七月頃淡黄色のエンジュ(アカシア)に似た花をつける。

コメントは受け付けていません。