蕪引

かぶらひき
初冬
蕪引く

蕪を収穫すること。蕪はアブラナ科の一、二年草の冬菜。初冬に収穫し、漬物などに利用される。京都の千枚漬の聖護院蕪や山形の赤蕪など、全国でさまざまな蕪が収穫される。

風まぜに蕪ひく野の霙かな
信徳「五の戯言」

手のちからそへる根はなしかぶら引
千代女「千代尼句集」

矢軍の跡や荒地の蕪ひき
蓼太「蓼太句集二編」

女どもの赤き蕪を引いて居る
正岡子規「新俳句」

コメントは受け付けていません。