夜興引

よこびき
三冬
夜興引く/夜引

夜、猟師が犬を連れて猟に出かけることをいう。春の農作業に害をなす、猪や鹿などを捕らえるためである。冬場は、獣肉に脂がのって美味であるという。

夜興ひく盗人犬や竜田山
其角「東日記」

犬丸の里や夜興引くをのこども
涼莵「中やどり」

夜興引や犬のとがむる塀の内
蕪村「蕪村句集」

夜興引ありあけ山を踏み迷ふ
闌更「三傑集」

はたと逢ふ夜興引ならん岩の角
夏目漱石「漱石全集」

夜興引やそびらに重き山刀
寺田寅彦「寺田寅彦全集」

コメントは受け付けていません。