初桜

hatuzakuraはつざくら
仲春

その年に初めて咲いた桜のこと。初花と同義であるが、初花よりも植物であることに重きが置かれる。

はつ桜足駄ながらの立見かな
信徳「前後園」

顔に似ぬ発句も出でよ初桜
芭蕉「続猿蓑」

初桜足軽町のはづれから
北枝「北枝句集」

けふまでの日はけふ捨てて初桜
千代女「松の声」

きのふ見しあれが禿か初桜
蓼太「蓼太句集三篇」

旅人の鼻まだ寒し初ざくら
蕪村「蕪村句集」

コメントは受け付けていません。