八朔柑

はっさくかん
三春

【解説】
ミカン科ミカン俗の常緑低木。広島原産で日本の暖地に広く栽培される。五月ころ白い花を咲かせ、冬から春にかけて収穫される。果汁が少ないが、酸味は弱い。生食のほか、ジュースなどに利用される。
【科学的見解】
八朔蜜柑は、ブンタン類と他の柑橘類との交雑種とされており、広島県の因島で発見された。夏蜜柑と外見が似ているが、夏蜜柑より酸味・苦味ともに少ない。枝変わりの品種として、果肉が赤みがかった紅八朔などが知られている。(藤吉正明記)

コメントは受け付けていません。